[Python] リスト内の任意の要素を削除 | “.remove” の使い方

 

Pythonでリストを作成する方法について,これまでいくつか紹介してきました.

 

 

今回説明する.removeは,リストを作成するための関数list()で使える,いくつかあるメソッドのうちの一つで,メソッド.removeを使うと,リストの中の指定した要素を削除することができます.

 

 

1. メソッド.removeの使い方

 

list.remove(x)として,リストの中でxと等しい値を持つ最初の要素を削除します.

 

該当する要素が存在しない場合は,ValueErrorが出力されます.

 

簡単ですね.

 

2. メソッド.insertを用いて実際にプログラムを作ってみる

 

それでは実際にプログラムを作成し,実行してみましょう.

.removeの引数で指定した要素と完全に一致する要素が削除される

 

いかがでしょうか.

 

3. まとめ

 

Pythonでリスト(配列)を表現する関数,list()で使用可能なメソッド.removeについてご紹介しました.

 

メソッド.removeを使うと,リストの中の指定した要素を削除することができます.

 

関数list()を使う上で頻繁に使う機能なので覚えておくと良いでしょう.

 

もし何かわからないことがあれば,以下のコメント欄でご質問ください.

 

Have a good Python life 🙂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です