[Python] 作成したリストに値を挿入 | “.insert” の使い方

 

Pythonでリストを作成する方法について,これまでいくつか紹介してきました.

 

 

今回説明する.insertは,リストを作成するための関数list()で使える,いくつかあるメソッドのうちの一つで,メソッド.insertを使うと,配列の任意の位置に任意の値を挿入することができます.

 

 

1. メソッド.insertの使い方

 

list.insert(t,x)として,指定した位置に要素を挿入することができます.

 

第一引数tはリストのインデックス(何番目の要素かを表す数字)で,そのインデックスの値の直前の位置に値が挿入されます.

 

第二引数xは挿入する値を表します.

 

つまり,l.insert(0,1)は,リストの先頭に1という数字を挿入します.

 

簡単ですね.

 

2. メソッド.insertを用いて実際にプログラムを作ってみる

 

それでは実際にプログラムを作成し,実行してみましょう.

 

Pythonの配列のインデックス(何番目の要素か)は,0番目から始まる事に注意してください.

 

配列の最初のインデックスは,必ず0となります.

 

上のコードで示したように,配列の各要素はリストの後に角括弧[]をつけて,
括弧内にインデックス(何番目の要素か)を記入すると参照することができます.

 

また同様に上で記しましたが,
リストの中にリストも挿入することができます.

 

いかがでしょうか.

 

3. まとめ

 

Pythonでリスト(配列)を表現する関数,list()で使用可能なメソッド.insertについてご紹介しました.

 

メソッド.insertを使うと,配列の任意の位置に,任意の値を挿入することができます.

 

関数list()を使う上で頻繁に使う機能なので覚えておくと良いでしょう.

 

もし何かわからないことがあれば,以下のコメント欄でご質問ください.

 

Have a good Python life 🙂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です