スマホでPythonプログラミング【Python導入/ Android/ ios】

通勤や通学,また人を待っている時等,Pythonのプログラムを作成したい時ってありますよね.
私はそんなときはこれまで,自宅のパソコンをリモートデスクトップでスマホから操作し,小さい画面でマウスカーソルやキー入力を操作しながら,プログラムをいじっていました.操作性はとても悪いので,効率がとても悪かったです.
しかしそんな日々とはおさらば.ららばい.こんなアプリがあります.
QPython
このアプリ,スマホで簡単にPythonプログラムを作成し,実行できてしまいます.ここでは,このアプリの使い方をご説明します.

[この記事で得られること]

スマホでPythonプログラミングを行うことができるようになり,ナイスな生活を手に入れます.

[この記事の目次]

1. QPythonをインストール
2. 対話モードで簡単な処理を行う
3. 簡単なプログラムを作成し実行する

[前提]

現在QPythonは,Androidとiosの両方で利用することができます.

ここではAndroidを例に挙げてご紹介します.

1. QPythonをインストール

それでは早速QPythonをインストールしましょう.
まずはGoogle Playストアを立ち上げて,QPythonを検索しましょう.下のリンクをクリックすると,直接QPythonのインストールページに飛びます.

Google Play で手に入れよう

通常のアプリと同様に,インストールを完了させましょう.

インストールが完了したら,アプリを起動しましょう.下のように起動できれば成功です.

 

2. 対話モードで簡単な処理を行う

それではPythonの対話モードを使って,簡単な処理をしてみましょう.

コンソールをタッチして,対話モードに切り替えましょう.

対話モードとなったら,以下のような簡単な計算をして結果を表示させてみましょう.

>>> a=1
>>> b=2
>>> Result=a+b
>>> print(Result)

以下のように計算結果が表示されるはずです.

3. 簡単なプログラムを作成し実行する

3.1. プログラムを作成する

対話モードで問題なくコマンドが実行できることを確認しました.

続いて簡単なプログラムを記述したファイルを作成し,実行してみましょう.

アプリのトップ画面で,”エディタ”と記されているのマークをタッチしてください.

 

プログラムを記入するエディタが表示されます.

ここではプログラムの説明は省きますが,試しに以下のようにプログラムを記入してみてください.記入を終えたら保存ボタンを押しましょう.

#-*-coding:utf8;-*-
#qpy:quiet import androidhelper
droid = androidhelper.Android()
s = “Hello World ^^”
droid.makeToast(s)

すると保存先を聞かれるので,「scripts」というフォルダをタッチし,適当な名前を付けて保存しましょう.ここでは”MyHelloWorld.py”としました.

3.2. プログラムを実行する

それでは作成したプログラムを実行しましょう.アプリのトップ画面の以下の画像に示す個所をタッチしましょう.

QPYと記されたページに移行し,先ほど作成したファイルが表示されているはずです.作成したファイルの個所をタッチしましょう.”Hello World^^”と表示されれば成功です.

5. まとめ

スマホにQPythonをインストールし,簡単なプログラムを作成・実行する例を示しました.いかがでしたでしょうか.

Windowsのターミナル等であれば,関数print等でプログラムの実行結果を表示することが可能ですが,QPythonの場合,作成したプログラムに関数printを使ったとしても,どこにも結果は表示されません.

今回はAndroidの画面上に結果を表示するプログラムという,少し特殊なプログラムを書きましたが,情報が多くなりすぎてしまうので,ここでは詳細な説明を省きました.

Android用のPythonプログラミングについては,今後説明していきたいと思います.

以上.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です